2015年07月21日

邂逅ふたつ

そこらを徘徊していると、ギャギャギャというネコの諍いが。 生き物の摂理としては当然なものの、(餓死させてでも個体数減を望む) 猫嫌いの正当化に利用されないか不安でもある。

直後、黒いネコを見る。 全クロ。 まだ若いもようで、2キロないと思われる。 顔も体も小さい。 しっぽはまっすぐだが、短めで先が細い。 首輪をしていたので、飼い猫。 逃げないが寄っても来ない。 その後また見かけるが車の下にずっと佇んでいた。

posted by oi at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | そこら猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック